陰嚢湿疹は、睾丸を包む皮膚に起こる痒みの症状で、アレルギー体質の人に起こる皮膚疾患と考えられています。

陰嚢の痒み(陰嚢湿疹)は、男性の陰嚢(睾丸を包む皮膚)が異常に痒くなる症状を言います。
特に入浴時や就寝時など、体温が高くなると痒みが強くなる特徴があります。
インキンタムシは、カビの仲間である真菌に感染して起こる感染症ですが、陰嚢湿疹は、アレルギーや掻痒症などの体質によるものと考えられています。



陰嚢湿疹の痒みの緩和に!
蒸れない男性下着

股間を清潔に保つ下着

 

陰嚢湿疹による皮膚の痒みは、股間の汗や尿などの汚れ、汗蒸れやベトつき、肌同士の接触、などから雑菌が繁殖し、それが痒みを誘発している場合があります。


また、汗のベトつきや蒸れによって痒みが生じ、それで何度も掻き毟っているうちに皮膚が傷付いてどんどん痒みがひどくなる事もあります。


陰嚢湿疹は掻き毟る事で皮膚を傷付けてしまい、それが症状を悪化させてしまう原因になります。


そのため、痒みが生じにくい蒸れないパンツや通気性の良い下着を身に着ける事が大切になります。


また、股間を清潔に保つために、汚れた下着は頻繁に履き替えるようにしたり、汗や尿などの汚れはこまめに拭き取る事も大切になります。


睡眠中は特に陰嚢湿疹の痒みがひどくなりやすいため、患部を氷で冷やしたり、下着そのものを冷やしておく事も掻き毟らないための有効な方法になります。

陰嚢湿疹は、アレルギーや掻痒症などの体質によって生じる反応です。
そのため、花粉症のシーズンになると症状がひどくなったり、食事、睡眠、喫煙、飲酒などの生活習慣の影響から、症状がひどくなる事があります。